日々挑戦!

ペットのうさぎ・節約・週末DIYなど

中古住宅を買う前に!ホームインスペクションで住宅診断

こんばんは!うしかです。先日より、中古住宅を購入し、日々DIYを楽しんでいます!

ボロはボロなりに(笑)修繕しながら暮らすのもなかなか楽しいもんだなと感じる毎日です。

中古住宅を購入し、セルフリノベーションをするスタイルは雑誌やブログなどでも注目されていて、やってみたいな…と感じている方も多いと思います。

でもみなさんが中古住宅を買う時一番不安に思うのは、

どうしょうもない(直せない)家だったらどうしよう!

ということだと思います。

私も今の中古住宅を選ぶときに、築29年ということもあって、結構悩みました。

素人では、欠陥住宅を掴まされるんじゃないか…とか、柱や床が腐っていたらどうしよう…とか、不安でいっぱいですよね。

 

ホームインスペクションってご存知ですか?

私達が中古住宅購入を決断した要素として、一番大きかったのがこのホームインスペクションでほぼ問題ないし!との診断を頂いたということが大きかったです。

まだまだ日本では馴染みのないホームインスペクション。どういうものか簡単にご説明します。

www.jshi.org

簡単に言うと、住宅診断士とい住宅のスペシャリストが第三者の立場から建物のコンディションを診断してくれるサービスです。

いくら住宅の状態や、どのように使用されていたかなどを不動産屋さんに聞いても、やっぱり相手は商売かかってますので、なんだか不安ですよね。

ホームインスペクションは、住宅の購入前にお願いして診てもらうことも可能。

素人ではわかりにくい床下や屋根裏まで、機材も使って診断してくれるのでかなり安心感があります。

不動産屋さんも関係がない、完全な第三者ということもあり、悪いところや、今後傷んでくる可能性がある(修繕費用が発生するであろう)部分まで教えてくださるので、結局いくらかかるのか、本当にお買い得なのか?しっかり吟味することができます。

 

ホームインスペクションでかかる費用・時間

一軒家の中古住宅の診断でかかる時間はだいたい1~3時間ほどで、料金は5~10万円が相場のようです。

 

www.sakurajimusyo.com

 

私達はこのホームインスペクションを、さくら事務所さんでお願いしました。

まず不動産屋さんへ申込金をお支払したあと、営業の方にお願いして、ホームインスペクションのためにカギを開けてもらえるよう交渉しました。

不動産会社さんには仲介に入って頂いていたので、売り主の方にも連絡を取っていただき、許可をいただきました。

ホームインスペクションの存在を知ったのがギリギリだったので、水曜日くらいに「今週の日曜日にいいですか?!」と慌ててお電話をしたのですが、迅速に対応していただきました。

当日来てくださったのは、二級建築士の肩書をもつ事務所の専門スタッフの方でした。

約1時間半ほどで、天井裏、床下、床や壁の歪みもレーザーで見ていただき、結果もその場で伝えてくださいます。

診断ではほぼほぼ問題なし。経年劣化の範囲との診断でした。ただ、

  • キッチンの床に一部傷みがあって断熱材が落ちていること
  • 天井裏の木材の水分含有量が少し多いこと
  • 押入れの上部分にネズミ?か何か動物が侵入した跡があること

この3点ご指摘いただきました。

簡易の診断書もいただき、基本パックのみでの診断だったので、費用は6,5000円でした。

 

住宅の何を見てくれるの?

さくら事務所さんのホームページより引用しました。

けっこうしっかり、隈なくチェックしてくださいます。

【屋外】基礎のひび割れ・著しい欠損・鉄筋の露出・浮き・剥がれ・蟻道、外壁のひび割れ・欠損・浮き・剥がれ・チョーキング・隙間・腐食・白華 、シーリング材のひび割れ・剥がれ、屋根のひび割れ・欠損・剥がれ・変色やコケの発生・腐食・隙間・ずれ・錆び・浮き・雨漏り、雨樋の破損・著しい変色・つまり・はずれ・ひび、軒裏のひび割れ・欠損・ひび割れを伴う浮き・剥がれ・雨漏り・割れ・腐食 、バルコニーの防水層の破断・支持部分の欠損・支持部分の腐食・床の沈み・床の欠損・床の腐食等・手すりのぐらつき・支持部の腐食等、サッシの周囲の大きな隙間、面格子ぐらつき・サビ・腐食、転落防止用手すり(窓手摺りなど)”手すりのぐらつき・支持部分の腐食等、シャッター・雨戸・網戸の動作不良、外部階段の構造体や支持部の欠損・取り付け部の破損、踏面の腐食・破損、転落防止用手すりのぐらつき、支持部分の腐食等

【室内】壁、柱及び梁のうち屋内に面する部分および壁面の仕上げの剥れ・腐食・カビ・仕上げ・割れ・欠損・浮き・剥れ・ひび割れ、床の割れ・剥れ・腐食・カビ・染み・めくれ・変色・著しい磨耗・ひび割れ・浮き、天井壁紙等の剥れ・亀裂・腐食・カビ・ひび割れ・欠損、階段の著しい沈み・きしみ・踏み面の傾き、建具(室内ドア等)の動作不良・反り・変形、内部耐力壁の固定ビス間隔(2×4工法)・耐力壁1倍のビスピッチ150超(在来構法)

【床下】土台及び床組の構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・腐朽・発錆・ 木材含有水分率、基礎のうち屋外に面している立ち上がり部分の基礎立上りのひび割れ・鉄筋の露出が伴う欠損、基礎のうち耐圧盤および屋外に面しない基礎立ち上がり部分の基礎立上りのひび割れ・鉄筋の露出が伴う欠損・防湿処置・腐食を伴う著しい隙間等・ベタ基礎(耐圧盤)・ひび割れ・鉄筋の露出が伴う欠損、束の緩み・浮き・腐食・浮き、災害履歴・漏水等の跡・火災等の跡・蟻害等の跡

【小屋裏・天井裏】梁桁および小屋組の構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・金物の不足や緩み・腐朽・発錆(鉄骨造)・換気ダクトの接続不良・木材含有水分率(木造の場合)
各階間の天井裏の構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・金物の不足や緩み・腐朽・発錆(鉄骨造)・換気ダクトの接続不良・欠損・漏水等の跡・火災等の跡・蟻害等の跡

【設備】キッチンの著しい給水量不足・床上の漏水・封水の吸引、または噴出し・給排水全般・換気設備の動作不良、洗面の著しい給水量不足・床上の漏水・給排水全般、浴室の著しい給水量不足・漏水・給排水全般、トイレの著しい給水量不足・床上の漏水・給排水全般、給湯機器周辺の漏水・製造年、電気温水器・機器周辺の漏水、最終枡(敷地内)の著しい堆積物・内部の隙間、火気使用質の火災報知器設置(居室・階段室等) 他※高所の確認は、1.2メートル程の脚立を使用して安全に確認出来る範囲となります。あらかじめご了承くださいませ

 

なかなかここまで、素人では細かくチェックできませんよね。

人生で一番大きな買い物だったので、失敗するわけにも行かず…もしだめだったら、診断費用全部パーなわけですが、家の購入代金から考えると、手痛い失敗するよりずっといいかな、と考えてお願いしました。

 

アフターフォローもあるので安心!

お願いして助かった点がもう一つあります。

これはさくら事務所さん独自のサービスなんですが、アフターフォローがついている点です。

中古住宅購入を決めて、不動産屋さんとお話を始めると、やれ火災保険の費用がいるとかなんだとか、いろいろ言われるのですが、「はいはい」と営業さんの言うまま鵜呑みにしていいものか…と不安に感じることもあるかと思います。

ローンやら保険やら、たくさんの書類にサインしなければなりません。なんだかよくわからないまま、印をつくのは怖いですよね。

我が家では、火災保険の相談と、以前の借家(一軒家)の退去費用について相談をさせていただきました。

住宅に関することならだいたいなんでも相談できるようです。

第三者の立場から意見をもらえるのは、本当にありがたい存在でした!

 

もちろん中古住宅だけでなく、新築やマンションでも診断ができます。

中古住宅を販売するときに、不動産屋やさんが全部ホームインスペクションの診断内容を教えてくれればいいのに…と思うくらい、とても安心できるサービスでした。

ちょっと費用はかかりますが、もし住宅購入の際少しでも不安を感じたら、相談してみてはいかがでしょうか?

 

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
にほんブログ村