日々挑戦!

ペットのうさぎ・節約・週末DIYなど

対ゴキブリ最強兵器は?G殲滅大作戦

こんばんは!うしかです。昨日の夜、ちょうどこのくらいの時間に窓辺でGを見ました。黒光りするアイツです。

今日の仕事終わり、職場の女子トイレでもまたヤツと遭遇。

ほんとにどこでもいますね…。ヌラヌラした黒光りのボディに奇妙奇天烈クレイジーなジグザグカサカサしたあの動きは何なんでしょう。ほんと気持ち悪い…。

 

私達が購入する以前の我が家は、長く誰も住まわずに放置されていたようです。おかげさまで、引っ越し作業をしているそばから出るわ出るわ。

電気も通っていない頃、天井の壁紙を貼っていてすっかり日もくれてしまった…と足元をみたらGさまコンニチワ状態。

まるで「ここ元々俺ん家やしwww」と言わんばかりの態度。

 

で、引っ越し終わって最初にしたのが皆様おなじみのこちら、バルサンです。

家全体、これでもか!ってくらいに燻蒸しました。

シーズンでもなんでもない時に買ったのが悪かったのか、薬局結構高かったです…。ネットで買えばよかったとちょっと後悔。

 

ところが昨日また出ました。なんでやねん。

長らく空き家でしたが、もう私どもの家です!ということで、とにかくすべてのGさまに撤退願うべく、対ゴキブリ最強兵器を調べてみました。

 

ゴキブリにも種類があるようです

もう気持ち悪いのでなんでもいいよ…と言いたい所ですが、敵を知ることが大事なのでちょっと調べてみました。あまりにも(私が)気持ち悪いのでこのブログでは写真なしにします。ご安心下さい。 引用先のテキストリンクのみ貼っておきます。リンク先にはGの写真がありますので苦手な方はご注意下さい。

www.earth-chem.co.jp

ゴキブリの種類は数多くあるようですが、人の家に住みつく主に2種です。あなたのお家にお住まいなのはどちらなのか、敵を知ることで弱点もわかります。

結構、相当かなりだいぶ気持ち悪いですが、エンカウントしてしまったらどっちの種類なのか把握しましょう。

 

チャバネゴキブリ

  • 11~15mm、黄褐色で、全国的に分布し、ビル・飲食店などでよく見られます。
  • 1卵鞘(卵の入った鞘)中の卵数:30~40個
  • 一生に3~7回卵鞘として産卵します。
  • 雌成虫は卵鞘を幼虫が孵化するまで持ち歩きます。
  • 薬剤に対して抵抗性を持つものも出てきています。
  • 成虫は4~5ヵ月生きます。

ちょっと小さいゴキブリ(そら豆くらい)で、薄茶色い姿ならコイツです。

厄介なことにメスは卵を運んで移動するらしいです…。そんなやつ叩き潰したら最悪ですよね。おまけに卵はちょっとやそっとじゃ死滅しないようなので、余計質が悪いです。

キッチンのシンクやお風呂場、手洗い場など、湿った場所によく出没するようです。

 

クロゴキブリ

  • 30~40mm、黒褐色で、全国的に分布し、一般家庭でよく見られます。
  • 1卵鞘(卵の入った鞘)中の卵数:22~28個
  • 一生に15~20回卵鞘として産卵します。
  • 成虫は、6~7ヵ月生きます。

黒くてデカイのがコイツです!成虫の寿命6~7ヶ月って長生き過ぎやしませんか。おまけに一生のうち卵15~20回産んで中身が22~28個……考えてはいけないことだったようです。

恐ろしい。一匹見たら百匹はいるってそういうことかと納得しました。

冬でも温かいダンボールの隙間や冷蔵庫の裏、はてはコンセントの裏などに出没するようです。

 

各々のGがどこを好むのかによって、どこにひそんでいるのか・卵を産みやすいのかがわかります。

G根絶のためには、エンカウントしたGだけを抹殺するのではなく、卵や巣そのものからの駆除が必須です。

お宅のGさまはどちらだったでしょうか。

ちなみに我が家は両方でした(涙)

 

ゴキブリの弱点はコレだ!

  • 熱湯…高温に弱く、50度で気絶70度以上で即死
  • 唐辛子・ハーブの香り…ミント・ハッカ・レモングラスなど
  • 窒息させる…台所用洗剤をかける
  • ゴキブリ用の殺虫剤・ホウ酸団子など殺虫グッズ

ゴキブリは口ではなく、全身にあいた呼吸穴で呼吸をしているようです。水などでその穴が詰まってしまわないように、ヌラヌラと油で黒光りしています。あの油を台所用洗剤などで溶かしてやると、たちまち窒息して死んでしまいます。

 

また、卵はとても強く、殺虫剤や洗剤などではなかなか死にません。

産卵は5~10月くらい続き、冬以外全部産みやがると思って間違いありません。おまけに温かいと、年中産みやがります。

一番は産ませないことですが、卵を見つけたら、熱湯をかけて死滅させるのが最善です。

 

対ゴキブリ最強兵器3選

殲滅します。ええ、徹底的に殲滅します。

①パーツクリーナー

 

【対ゴキブリ兵器:エンカウントした時用】

 弱点でご紹介したとおり、Gの表面の油を溶かして呼吸穴を塞げます。

ゴキブリ用殺虫剤も有効なんですが、なかなか死ななない+苦しんで暴れまわって飛んでくるという最悪のカウンターを食らいました。

パーツクリーナーなら安いし。バイク整備するので普段から沢山ストックしているし。おまけに速攻で死んでくれるので助かります。揮発するので部屋も汚しません。

ただし、めちゃめちゃ燃えるので、火のそばでは絶対に使わないようにして下さい。

 

②ブラックキャップ

 

 【対ゴキブリ兵器:すでにお住いのG、その仲間たちと卵】

殺虫成分の入った餌を食べたGはやがて死にます。そしてその死骸を仲間が食べるので仲間も死にます。そして毒餌を食べたメスが産んだ卵も死にます。一石二鳥どころか三鳥四鳥。スバラシイ。

けっこう大きいので、犬とか猫とか、ペットが間違って飲み込んでしまうことも少ないだろうし、キャップがしっかりついてるので乾燥してカピカピになってGが食べてくれない…なんてこともないようです。

職場に置いてあるんですけど、毎朝掃除のときにGが死んでます。結構食いつきも良いみたい。

Gが好きそうなトイレの裏端の方とか、冷蔵庫の裏とかに設置しました。

即効性がないのと、掃除が大変なのが難点ですね。

 

③ハッカ油

 

 【対ゴキブリ兵器:侵入者用】

霧吹きに水を入れて、ハッカ油を数滴垂らして部屋の至る所にスプレーします。特に窓際、網戸、玄関、キッチンのシンク、排水口・ゴミ箱の中などゴキブリが好きそうな所・侵入経路と思われるところを重点的に。

小さい瓶で売ってるのですが、毎度使うのは数滴なのでコスパがいいです。ガンガン使えます。

夏場は扇風機やエアコンの吹き出し口など、送風口にスプレーしておくと香りが部屋中に広がるので効果的なんだとか。

 

とりあえずいまできることは全てしました…。家の周りに放置していたダンボールとか、庭を切った木とか、いろいろゴミも片付けられてきたので住処も減っているはずですし、あとは地道に退治&侵入予防を続けるのみです。

 

お家でGを見かけてしまった方、是非お試しください!

きょうは以上!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村